カラコンでデカ目に変身

会社用・学校用別に考えるデカ目カラコンのメリット:大きさ編

会社用・学校用別のデカ目カラコンのメリット(大きさ)についてですが、会社でデカ目だと目力の印象がぜんぜん違います。
例えば営業会議を対お客様向けに開催してプレゼンを行った場合に、発表内容や費用対効果を見直した時に発表内容は同じなのにも関わらず、セールスポイントなどをアピールする時にただ抑揚を出して説明するのとカラコンしてお客様責任者を見ながら説明するのとでは受ける印象がまったく違います。
また学校でなにか発表をする時にも上記と同様にキーマンの目を見て発表するだけで、目力というものがまったく違ってきます。

 

解説!デカ目カラコンの使用上の注意点:乾燥

 

若い女性に人気なのが、デカ目カラコンと呼ばれるコンタクトレンズです。動向部分に黒や茶色など様々な色がついているので、装着すると黒目が大きく見えて印象的な目元を演出します。
ファッション感覚で気軽に装着する女性が増えていますが、医薬品なので使用上の注意を守る事が大切です。
目につけたままにしておくと、眼球が乾燥してドライアイなど眼病を発生させる恐れがあります。特に朝起きてから夜寝るまでずっとつけているという女性も多いので、注意が必要です。
装着したまま寝てしまったなどということにもならないよう、使用する際は注意事項を守って取り扱いましょう。

 

解説!デカ目カラコンの使用上の注意点:使用期限

 

最近デカ目カラコンが流行っていますが、使用上の注意を守らないと重大な眼疾患になることがあります。デカ目カラコンとは、通常のコンタクトよりサイズが大きく作ってあるので酸素の透過率がさがります。長時間使用していると目が酸素不足になり、角膜に傷がついたり、角膜びらんをおこしたりするので気をつける必要があります。目の感染症にならないようにコンタクトレンズは、丁寧な洗浄と保管をしなければなりません。目の異常を感じたらコンタクトの使用は中止してください。眼科医の定期検査を必ず受けるようにしておくと良いです

 

解説!デカ目カラコンの使用上の注意点:手入れ

 

ファッション目的で使用するデカ目カラコンは、目に負担をかけないために使用上の注意を守る必要があります。カラコンを使い続けていると、空気中ホコリなどによってレンズが汚れてきます。その汚れた状態のまま放置した場合、レンズにカビや細菌が増殖してレンズが劣化します。そして、汚れたレンズを装着することで目が充血したり痛みを発生する原因にもなります。これを防止するには、デカ目カラコンをいつも手入れすることが重要となります。洗浄や消毒を行う際は、水道水や井戸水を使わず、カラコン専用の洗浄液を利用して優しく洗うと、レンズにキズが付かずきれいになります。